ねんねんの呪文

ごそごそ

ん?

ママがぼくの入っている布団に入ってきている。
まだ寝るには早い時間なので
ぼくも眠っているわけではない。

「ねー、なーちゃん
 ねんねん
 ねんねん」

ぼくの背中を毛布越しに、トントンする。

いや、ぼく寝てないんですけど。

「ねー、なーちゃん
 ねんねん
 ねんねん」

ママはぼくのことを子猫かなにかと思っているのかな。
ぼくはもう、ママより年上で
もう充分大人で。

「ねー、なーちゃん
 ねんねんねー」

・・・。
うん、まぁ。
悪くはないけど。

ママは呪文をかけたのか
ぼくは眠くもないのに
ゆっくり瞼が下りて来た。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくだってかまわれたい

  2. 毎朝の風景

  3. 本人がそう言うのなら

  4. 明日また会えるとは限らない

  5. 買わなくてもやれる

  6. バタフライエフェクト

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)