なにやってんのよ、とママは言った

しゅたっ。
ぼくは上機嫌だった。
こんな細いところにも、一発で乗れたんだ。
歩くことだってできる。

ぼくは以前より身体も大きくなって
体重も増えて
それでも機敏に動ける。
それをママに見せたかったんだ。

「いやいやいやいや。
 そこお掃除したばっかりだから」

ママは顔を振って眉間にしわを寄せた。
ぼくを落とそうと、額をぐいぐい押してくる。

しかたなく、ぼくは撤退することにする。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 春が来ている実感

  2. ランタンに願いを込めて

  3. ぼくの相談

  4. 悪戯が過ぎると言われても

  5. ぼくの権利

  6. パパにスライド

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)