どんなに年を取ったって

ねぇママ。
ぼくはママより先に死んじゃうの?

ソファに座ってコタツに入るママを見上げる。

ママは瞳をきょろっと上に向け
口を一文字に結んだ。

よいしょ、と言ってぼくを抱き上げる。

「そればっかりは、わからないじゃない。
 あたしが仕事の帰り、事故に合うかもしれなくってよ」

別に順番なんて決まってないし
って、ぼくにもコタツ布団をかける。

そうなの?
でもぼくよりママが先に死んじゃうのは
嫌だな。

「まぁ、ずるいこと言ってる。
 どっちだってあたしも嫌よ。
 でもいつかその日は来るからさ。
 一緒にいれる時間をありがたいと思おうじゃないか」

ね?
ってママはぼくをぎゅっとした。

ぼくがママをぎゅっとするときは
しがみついているようになっちゃうんだけど
ママがぼくをぎゅっとすると
包まれたように感じる。

やっぱりぼくは
ママが先に死んじゃうのは嫌だなぁって思った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 明るい茶色のシマシマは、風と共にさりぬ

  2. ママは徹夜で

  3. トラさんとジャック

  4. 茶黒シタちゃん

  5. ぼくが奪ってしまった彼らの運命

  6. ぼくの権利

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)