どちらも可

おはようございまーす
ママさん、ご飯まだですか~?

ママはウッドデッキに出してあったお皿を下げるときに
窓を閉め忘れた。

ひょっこりやってきたのは
ミミちゃんだった。

あれ?
ミミちゃん、ぐいぐい入ってくる。
しまちゃんとは違って、ミミちゃんは怖いもの知らずって感じだなぁ。

あ、なーちゃん。
おじゃましてまーす ♪

ミミちゃんはすでにぼくの名前も知っていて
ぼくは、あ、うん、とうなずくことしかできない。

ごはん、ごはん~ ♪
今日、ママさん、くちゃくちゃご飯くれるって言ってたから
ミミ、待ちきれなくて~ ♪

窓は空きっぱなしだけど、ぼくは外に出る気はしない。
だって、白黒パンダちゃん居たら困るし。
ミミちゃんは、大丈夫なの?

ミミちゃんはキョトンとして、ぼくを見つめた。

「あれ?ミミちゃん、入ってきたの?
 このままうちの子になる?」

クチャクチャご飯をトレーに入れたママは
ウッドデッキには出さずに
部屋の中にそれを置いた。

わぁい 待ってました~ ♪

ミミちゃんはぼくのカリカリには見向きもせず
ご飯を食べ始めた。

ミミちゃんには、外も中も、関係ないみたい。

ミミはお外もお家も好きですよ~ ♪

ってご機嫌だ。

ぼくはママを見上げた。

「まぁ、好きにしてよ。
 入ってきてもいいし
 出て行っても良いし」

ふむ。そうだった。
それがママのスタンスだった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 不用心

  2. 痛いの痛いの飛んでいけ

  3. エアコンが壊れたり

  4. 玄関は涼しい

  5. 毎年ちがう年越し

  6. ニワトリちゃんがニワトリじゃなくなってた

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)