どうぞよろしく

あーあ。
なんかジャックがぐいぐい来てて
ぼく、なんか心配。
トラさん、大丈夫かな。

なんて思っていたとき、茶色い影が見えた。

トラさん!

ぼくは大きな声で呼び止めた。
トラさんはママがトマトを植えた脇に腰をおろす。

おぉ。あの時の新入りか。
元気だったか?

トラさんはぼくをジッと見つめる。

はい!おかげさまで、ここでの暮らしにも
ずいぶん慣れました!

ぼくは照れながら答えた。

そぉか。それは良かったな。

トラさんはかすかにほほ笑んだ。

あ、あの、
最近ジャックがウロウロしてて、
あの、トラさん、大丈夫かなってぼく、思ってて。

そんな心配をするのは失礼かと思ったんだけど
ぼくは言わずに入れなかった。

トラさんは、ふ、と息を漏らす。

おれも、もう歳だ。
若いもんにはかなわんよ。
邪魔にならんようにするが
時々お世話になると思う。よろしくな。

トラさんは頭を下げた。

う、うん。わかった。
ママに言っておくね。

ぼくは二階に居るママの所に、かけて行った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママとぼくの作戦会議

  2. だれ?その4

  3. トラさんでもトラちゃんでも

  4. ぼくとばぁちゃんの内緒話

  5. 深呼吸をすればいい

  6. 釣りに行くと頭痛が治る

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)