とは言え、離れがたい

別にぼくはどっちでもいいけど、
という態度はとってみた物の
やっぱり無くなるのは寂しくもあり
離れがたい気持ちでいっぱい。

この、肉球で触れる感じとか。

頬を撫でる優しさとか。

行かないで~、と追いすがってしまう。

コタツ~
カムバッーク!

あぁぁぁぁ

どんなに恋しくても、君は行ってしまうんだね。
半年後にはまた会えるじゃない、って
ぼくは半年も待てないよ。
でも耐える。耐えるよ。
うわぁーん
って悶えるぼく。

「あぁもぉうるさいなぁあんたたちは!
 パパちんも結局昨日あれからそれやって。
 だから、まだすぐには片付けないって言ってるだろうが!
 あたしも休みの日にしかできないの!」

ママが腰に手を当ててぼくを見降ろしている。

いぇ、あの、その
これはパパとぼくにとって
毎年の儀式でして
お気になさらず。

もぉ
って言いながら、ママはプイっとキッチンに消えた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくの変化は経験からだった

  2. パパにスライド

  3. 怪我の功名

  4. 社交的とは

  5. いつもより長めに乗せています

  6. 反抗むなしく

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)