とは言え、ちょっと落ち込む

でもさ、やっぱりさ
わかってはいるよ。
でも、だって
とぼくはグズグズ言っている。

「はいはい。なーちゃんらしいわよ。
 いいのよ。落ち込んだって。
 それも必要。
 寂しいものは寂しいのだよ」

ママも、よいしょと
ぼくの隣に腰を掛ける。

「別に一人で耐えろなんて言わないよ。
 あたしもパパちんもいるんだから。
 みんなで寂しがれば1/3になるかもよ」

ね、ってママはほほ笑む。

そうだね。
ぼくの寂しさをママがちょっと持って
ママの寂しさをパパがちょっと持って
パパの寂しさをぼくがちょっと持って。

「それを寄り添う、って言うのだよ」

ママはぼくのお尻をポンポンと叩いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 久々のお茶会はぼくの興奮から始まった

  2. お墓参り

  3. 外での彼ら

  4. 朝から楽しい

  5. 生きている内に楽しもう

  6. ここは誰の縄張りなのか

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)