とても小さな、ぼくのライバル

ききー
ぶるるん。

どたどた
ばたばた

パパちん、大きいタッパ、大きいタッパ

でもこれ、カリカリとか入れてあるよ

いいから、早く

どたどた
ばたばた

ん?
パパの車が停まる音がして、ママの声がする。
2人で一緒に帰ってきたのかな?
ママ、自転車どうしたんだろう。

どたどた
ばたばた

ペットポトルにお湯入れてきて

ばたばた

おかしいな。
いつもなら、2人は
なーちゃーん、ただいま~って
言うのに。

ぼくは布団から抜け出して階段を下りた。

パパ、ママ、お帰り~
と言う言葉が喉の奥で詰まる。

なんだろう。
知らない、匂い。
ミルクのような、そして懐かしい。

「あ。なーちゃん、ただいま。
 えーと、これには、訳がありまして」

ママがギョッとしてマゴマゴ答える。

その匂いはコタツのかかったソファから漂ってくる。

ぼくは急いでコタツテーブルに飛び乗った。

え?
ええ??

え?

ぼくは思わず二度見した。

なに、それ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ご機嫌をとられたみたい

  2. ぼくを毛むくじゃら蔵と呼んだ金魚

  3. 外から中を見てみる

  4. 丸見えで落ち着かない

  5. 声すら聞こえない

  6. いつもより長めに乗せています

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)