つつじの丘

相変わらずパパとママのお出かけは
夕方には帰ってくるんだけど
どこに行ってたのかと思ったら
つつじの丘だった。

「ツツジもあそこまで大きくなると凄い」
とかなんとか言って
相変わらずぼくに写真を見せる。

ほんとだ。
ずいぶん大きい。
パパの背位ある。

「そうなのよ。まるでアリスか千尋になったみたいに
 間を通って行くの。
 背丈まであると迷路だよね」

あ。ようやく咲いてる。

「そうなの。見ごろは来月だね。
 でも来月には人がいっぱいだよ。
 今見る良さもあると思うけど」

ほら、とママは写真を進める。

「見に来る人が増える前に
 手入れをしてるんだよ。
 ツツジの足元を刈り上げて、
 中の落ち葉や雑草を片付けてる。
 これをやって初めて、綺麗ね、ってなるんだよ。
 花が咲いてても落ち葉だらけじゃダメなんだよね、公園って」

ほんとだ。
高さのある花壇に植えられたツツジたちは
みんな足元を奇麗にしてあった。

でもこれ、河岸でも、とママを見上げる。

「そうなの。やってるのよ」

うふふ、とママは笑っていた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 中には中の良さ

  2. 発送完了

  3. 言われる前に

  4. 助けた人はもっと多い

  5. 作戦成功 その1

  6. 長いのか短いのか

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)