つっぱることが男のたった一つの勲章だぜ

「あら、おはよう。
 相変わらず早いわね」

カーテンが開いた。
オレは夜明け早々からこの時を待っている。

「お花に囲まれて、いいわね。
 今度なーちゃんも連れてきてあげよう」

うふふ、とママさんは笑っている。
そんなことより、飯くれよー。

「鼻の傷も治ったし。
 やっぱりジャックは若いわね。
 その分危険も顧みないけど」

あんな傷、たいしたことねー。
ぜんぜん痛くなんかなかったし。
オレは喉元通れば熱さは忘れるタイプだ。
明日の事はわからない、昨日の事は覚えてない。

「はいはい。
 パパちんタイプね。
 ご自由に生きなさいよ」

ママさんはキッチンに引っ込んで
オレのご飯を用意している。

それを大人しく、待っている。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 小鳥の真似をしてみたらまんざらでもなかった

  2. ぼくは遠慮しますよ

  3. ジャックの謝罪

  4. ねんねんの呪文

  5. がんばれ、トラさん

  6. ビーチボール風

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)