だってやっぱり居てくれないと

「ずいぶんうるさかったんだって?」

ママが半笑いでぼくを見る。

そんなことないけど。
ぼくはしらばっくれる。

「パパちんが困ってたでしょ。
 一泊くらいあたしが居なくても二人で仲良くやりなさいよ」

ママは先日、京都に出張に出ていた。
別にどってことない、ってぼくだって思ってたよ。
でもさ。やっぱりさ。

ぼくは洗濯物の陰からママを見る。

「パパちんだって、ご飯よそってくれたり
 おトイレ片付けてくれたりしたでしょ?」

そうだけど。でもさ。

ぼくはグズグズとママを見上げる。

「まぁそう言ってもらえるのも嬉しいからね。
 なるべく外泊は控えますよ」

来月の話は来月するとしよう
うんうん。
ママは何やらうなずいている。

なんだろう。嫌な予感。
また何処かに行くのかな。

ぼくは小さくため息をついた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 声すら聞こえない

  2. 死に場所がない時代

  3. 拠点防災訓練とは

  4. やりたいことが大変なのは当たり前

  5. 小さなこと

  6. 名残を惜しむ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)