だって、隠れる場所がないんだもの

「はい、そこに隠れている人!
 無駄な抵抗は止めて、出て来なさい!」

ママがメガホンを持って、叫ぶ。
そう、ぼくに。

ぼくは観念して、一歩前に出た。

「さっさと洗濯物を片付けろ、という無言の圧力には屈しない!」

ママがさらに声を大きくして、叫ぶ。

別に、そんな圧力かけてないもん。

ぼくは干されているパパのパジャマから移動する。

「今更隠れる必要ないじゃない。
 何年一緒に暮らしていると思ってるのよ」

ぼくはママを見つめ返す。
だってさ、落ち着かないんだよ。
ぼく、猫型なんだし。

「まぁ、そうでしょうね。
 とはいえ、暑くなってからじゃあんた干上がっちゃうでしょ?」

そうだけど。
寒くて隠れてるんじゃないもん。

かくれんぼ?
と聞かれて、ぼくは曖昧にうなずく。

「でもさー、なーちゃんの姿が見えないと
 心配なのよ。
 呼んだら顔出してよ」

ママは、うー、っと口を横に引く。

それくらいは、我慢してよ。
ちょっと意地悪で隠れてるんだから。

なにー!とママは目玉を丸くした。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ぼくが奪ってしまった彼らの運命

  2. 同様に、気を使う

  3. 春の海

  4. 上出来

  5. 蚊に刺されたし

  6. パパのリクエスト

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)