たまにはくっついて

コタツが片されて
2階にカリカリも置かれるようになって
あまり下には下りなくなったんだけど
時々パパに強制的に下ろされる。

ぼくが居ないと寂しいから
とか言うんだけど
テレビを観てるんだから
ぼくがどこに居ようと
関係ないと思うんだけど。

いつもはスキをみて
また2階に逃げるけど
たまには居ようかな
と思ってママの居るソファに登る。

寒い訳じゃないけど
くっついたりして。

ママを盾にパパから隠れている
とも言う。

パパしつこいからね。

ママはちょっと笑って
内緒にしててあげるから
息をひそめてろよ
って言うと
ぼくがくっついていることを
パパに悟られないように
本を読み始めた。

そう。そういう感じ。
撫でまわしたりしないで欲しいんだ。

パパは
あれー?なーちゃん、どこだー?
ってぼくを探してる。

ママは知らん顔をしている。

ぼくも息をひそめてる。

ぼくの安全地帯。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 年も明けて1ヶ月

  2. ぼくの変身

  3. ミミ姉さん

  4. 花畑ごっこ

  5. パパのリクエスト

  6. 花壇は続くよどこまでも

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)