それは本能だから

「骨が癒着するとはそこに負担があるというのも
 要因の一つだと思うのよ。
 生まれた時からくっついていたわけじゃないんだから」

ママがぶつぶつ言っている。
あれかな。
ぼくの尻尾と腰の骨の話。
痛み止めの注射をして、もう痛みはない。
でもそれは1日限りだと言って今日は錠剤をチャオチュールにまぜられた。
気が付かずに飲めちゃって良かったけど。

「なーちゃん、しっぽバンバンやりすぎじゃない?
 しっぽ動かすの止めれる?」

それは、無理だと思う。
残念だけど、とママの提案を断る。

だって動かそうと思って動かしているわけじゃない。
ママが帰ってくればピンと立つし
パパがしつこければ大きく振りまわす。
これはぼくの気持ちと連動してて勝手に動くものだった。
ママだって面白いなと思ったら笑うでしょ?
皺になるから笑うの止めよう、とか無理だと思う。

「うーん、本能か。
 そこを止めるのは永遠の命を求めるようなものなのか」

ママは唸っている。

大丈夫だよ。
痛い時があったら大人しくしてるし
ぼく、死ぬまで生きてるから。

ママは、まったく、ばぁちゃんと同じこと言って、と
ちょっと笑った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 孤独とは

  2. ひゅーひゅー鳴っていても

  3. 反抗むなしく

  4. 見せ方によるよね

  5. 内臓にお休みを

  6. 働き盛りは働かなくちゃ、か

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)