それが俺よ

なー助
なー助

トマトの花壇で白黒の影が動いた。

ん?
ジャック?

ぼくは急いで窓に向かう。

よぉ。
あの鉢、まだ置いてあるんだけど
ママさん、捨てないのかな。

ジャックがそっとぼくを伺う。

あぁ。
ママも考えてるみたい。
ジャックに罪をかぶせるのは悪い、って。

ジャックはつい、っと顔を横に向けた。

あれはもう復活しねーから
俺のせいにすればいいのに、ってつぶやいた。
それに、あれがなくなるとここに入って来やすいんだよな。
へへ、ってジャックは恥ずかしそうに笑う。
ここからだと中が良く見えるから
面白いんだ、って。

もぅ。だからママはここにトマトを植えてるのに。
そんなにグイグイ来ちゃ、ダメだよ。
ぼくは目を丸くする。

ちぇっ。なー助の奴、つれねぇなぁ。
でも俺はひるまないぜ!
ぐいぐい行くぜ!
って言いながら走り去った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ばいばい、しまちゃん

  2. トラさんの援護

  3. もう出てた

  4. ぼくの今日は色んな人のおかげ

  5. 旅は道連れ世は情け

  6. 整体師が神頼みなんて

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)