そうだった、ぼくにもそんな日はあった

わーい
ちーちゃん、ちっちゃーい

パパがちーちゃんをお腹に乗せている。

「ぜんぜん重くなーい
 なーちゃんだったら苦しいけど
 ぜんぜん大丈夫~ ♪ 」

ふふふ。
ぼくもそうしてもらったな。

ちがうか。
寝ているパパの上に、ママがぼくを置いたんだっけ。

「まだ目が開かないのよね。
 明日は仕事なんだけど。
 うーん。
 連れていくか」

ママが腕を組んで、唸っている。

予約の様子見て、病院行ってこれるかなぁ。

ママはやっぱりぼくを診てくれた先生の所に行きたいみたい。

「でも、元気だから大丈夫じゃない?」

ほら、お耳も立ってきて、猫らしくなってきた。
なーちゃんなんてウサちゃんみたいだったよね
ってパパはニコニコしてる。

「なーちゃんのこのくらいの時期は知らないけど
 この頃会ってたら、ちゃんと写真撮っといたのにな~」

パシャリとシャッターを切ると、ママはぼくに見せた。

ぼくはもう少し大きくなってから
パパとママに会ったけど
ちーちゃんと同じようにパパとママに挟まれた写真を知ってる。

これとか。

これとか。

だから、いいよ。
ちーちゃんも、いっぱい写してもらいなよ。
そして、目が開いたら、ぼくとも一緒に撮ろうね。
ちーちゃんが初めて見る世界に、ぼくも映っていたらいいな、
って思ってる。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 同様に、気を使う

  2. いつの間にか、中学生になっていた

  3. ぼくの相談

  4. ひとりの気ままさ

  5. 警戒心があるのかないのか

  6. 全部がぼくの部屋

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)