そうか、君はもういないのか

「休みの度に、あ、ってなっちゃうな」
と言うと、ママはふぅと息を吐いた。

そうだね。
毎週のルーティンだったもんね。
1週間に1度水槽を洗う。
それは終わりの頃になると3日に1度の水替えも入ってきて
しょっちゅうママは水槽の前に居る感じだった。

「それにしても、ずいぶん静かに行っちゃったよね。
 長かったもんなぁ」

うん。

しろちゃんは浮かび上がることなく
静かにたたずんだまま、逝っちゃった。

2週間前、あれ?水槽が汚れてるな、ってママは言うと
いつものように掃除を始めて、そっか、と呟いた。

水槽が汚れることはなかったんだ。
しろちゃんはもうずっとご飯を食べていなかった。
ご飯の残りやうんちで水槽が汚れることは、なかったんだ。

掃除を始めると泳いだもんね。
でももうしろちゃんは、止まったままだった。
横に倒れることもなく、そのまま止まってた。

「くろちゃんが居なくなってからだよね。
 しろちゃんが浮かなくなったの」

うん。
それは去年の9月だった。

くろちゃんは、2,3日調子が悪そうだと思ったら
サッと逝っちゃった。

そしたらしろちゃんが浮かばなくなったんだよね。

そして今年になって、頭が膨らんだ。

パパは、気持ちが悪いから針を刺して中身を出そう、と言って
ママは、気持ちが悪くったってしろちゃんはしろちゃんです、
あなたのそのお腹が出っ張ってて気持ちが悪いからナイフで切って脂肪を出す?
って喧嘩になって。

沈んでいても泳いではいたから、植木鉢に入って遊んでたりしてた。

そうか、君はもういないのか。

コイちゃんと2人の時は楽しそうだったね。

どっちが産んだのかわからないけど、卵がいっぱいになっちゃって。
ママは呆れながら水槽洗って。

くろちゃんがやってきて3人暮らしになった。

6年前は、こんなにみんな、小っちゃかった。
でっかちゃんと、コイちゃんと、しろちゃん。
水槽も今の1/3くらいだった。

みんな、いなくなっちゃった。

「庭がお墓だらけだよ。
 でも、みんな庭に居るって、なんかいいよね」

ってママは天井を向いて笑った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 身体に染みついた警戒心

  2. ついに電気が灯った

  3. 身體健康

  4. 三人で釣りに

  5. 外の世界を想う

  6. ママのまねして

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)