すみっこ暮らし

「母が使っていた敷布団を捨てないでよかったけれど」

ママが振り向いて何か言っている。

ぼくの隠れ家は釣り下がった洋服の下で
ばぁちゃんが使っていた敷布団に
カラカラのタオルを敷かれた場所だった。

タンスの影にもなって
部屋の隅で
最近はほぼここに居る。

「野良猫であれば人目のない所で休むんだものね。
 そこを用意しておいて良かったけれど」

ママはため息まじりに話している。

パパもいないのに話しているって事は
ぼくに向かって言ってるんだろうけど
ぼくは返事をしない。
眠たいから。

「いつかそこで死ぬ気だろうけど
 良い看取り布団だから
 穏やかに逝けると思うよ。
 良い場所を用意できて良かったけれど」

いいんだよ。
ママの言いたいことはわかってる。
隅っこは落ち着くし
PCで何か書いてるママの事も見えるし
ぼくにとってはここが終の棲家になると思う。

まだ先なのか、もう来るのか、
それはぼくにもわからないけど
いいんだよ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 手放すと楽になる

  2. 好きな時に寝ることにしてるんだもん

  3. ママの職場に行ってみる

  4. たまにはくっついて

  5. 察知力

  6. 終の棲家

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)