しまちゃんの男気

その日の朝、しまちゃんはずいぶん遅くにやってきて、
つまりはみんなにご飯を食べられちゃった後にやってきて、
ちょっとがっかりしているところだった。

「大丈夫。しまちゃんの分はちゃんとあるのだよ」

ママは新たにカリカリを追加する。
そして、ぎょっとした。

「ちょっと、しまちゃん、具合悪いの?」

ぼくも、ぎょっとしたんだけど
血が出ている様子はない。

うううん、元気だよ。
この前、白黒パンダちゃんと鉢合わせちゃって
ぼくが驚きすぎたのがいけないんだ。
飛び上がりすぎちゃって、頭、ぶつけたの。

照れたようにしまちゃんはほほ笑む。

でも尻尾はずっと下がったままだ。

ママにはわからないと思うけど
尻尾がずっと下がったまま、って落ち込んでる時なんだよ。
もう、戦意喪失、というか。

しまちゃん、おうち、入る?
とママが尋ねると、しまちゃんはスッと身体を引き、
大丈夫だよ、ママさん、心配しないで
ってまたほほ笑んだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. どか雪

  2. 取り合えず、良かったね

  3. そしてぼくはママにちょっかいを出す

  4. 煙が目に染みる

  5. 今は寝ちゃうの

  6. 悲しいと寂しいは別物

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)