しまちゃんのやる気

ママは相変わらずしまちゃんを慣れさせるため
ご飯を部屋の内側に置いている。

しまちゃんもだいぶ慣れてきて
窓が開いていたら入っていいのかな
って感じで覗くようになった。

そして、食べ終わった後もすぐに出て行かなくなった。

あ、あの
ちょっとだけ
ちょっとだけ、いいですか

こ、これ、
なーちゃんがときどき座っているやつ、
ぼくも触って、いいですか

しまちゃんはゆっくりクッションに近づいて
両手を乗せた。

ぼくとママは
どうぞどうぞ
とワクワクしながら見守っている。

あ、ありがとうございます

柔らかいんですね
い、いいですね

ってしまちゃんはほほ笑んだ。

それでもやっぱり遠慮して
ぼくみたいに座ることはなかったんだけど
もしもぼくが外で暮らす日が来たら
しまちゃんみたいに、なりたいと思った。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 空が近くて地面も近くて

  2. 久しぶり、シタちゃん

  3. ぼく、孝行息子?

  4. どこまでやる?

  5. ぼく、相棒

  6. ちび子も、ちーちゃんにはかなわない

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)