しまちゃんとシクラメン

窓に白い影が映る。

しまちゃん?

ぼくは声をかけようとして、黙った。

ウッドデッキでしまちゃんが
うとうとしていた。

あはは。
気持ちよさそう。

ぼくの鼻息が荒かったからか
しまちゃんは、目をさました。

あ、なーちゃん。
こ、こんにちは。
お邪魔してます。

しまちゃん、こんにちは。
どうぞどうぞ。
ご飯は食べたの?

うん。
今日は向こうのお家で頂いてきました。
もう少し、ここで眠っててもいい?

しまちゃんは遠慮がちにぼくに聞いた。

ぼくは、どうぞどうぞ
って言ったんだけど
本当は一緒に横になりたかったんだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. どっちが産んだのかは問題ではない

  2. 悪戯っ子世に憚る

  3. 整体師が神頼みなんて

  4. あと1ヶ月で今年も終わり

  5. 終わりの始まり

  6. ぼく、孝行息子?

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)