しまちゃんとシクラメン

窓に白い影が映る。

しまちゃん?

ぼくは声をかけようとして、黙った。

ウッドデッキでしまちゃんが
うとうとしていた。

あはは。
気持ちよさそう。

ぼくの鼻息が荒かったからか
しまちゃんは、目をさました。

あ、なーちゃん。
こ、こんにちは。
お邪魔してます。

しまちゃん、こんにちは。
どうぞどうぞ。
ご飯は食べたの?

うん。
今日は向こうのお家で頂いてきました。
もう少し、ここで眠っててもいい?

しまちゃんは遠慮がちにぼくに聞いた。

ぼくは、どうぞどうぞ
って言ったんだけど
本当は一緒に横になりたかったんだ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 何かしなきゃとか役に立ちたいとか

  2. ひゅーひゅー鳴っていても

  3. きんぎょずと世間話

  4. 魔女の宅急便

  5. 野菜の見張り番

  6. すっかり元通り

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)