ごみ拾いから見える物

土曜日の朝は、一応商店街の通りのお掃除の日、ってなってる。
ママの中でだけかもしれないけど。

「初代会長が言ってたんだもん。
 月1だったみたいだけど、昔はやってたんだよ、って。
 確かに10年~15年くらい前、見たことがある。
 でも昔のメンバーが居なくなって
 いつの間にか消えてた。
 私も昔からいる人になってきたから
 引継ごうかなと思う」

とかなんとか言って
今年度からママの中で始まっている。


いや、これまでもやってたけど
土曜を中心にやり始めた、って感じか。

植栽帯の改造が出来て
ユンケルばっかり落ちていた場所は無くなったらしい。

低木がゴミを捨てやすくする、ってママは言ってた。
それを地被類に変えちゃった。

でもね、タバコが増えたんだよ、ってママは続ける。


「これなんかさ、物語を感じるよね。
 同じ銘柄のタバコが
 同じ場所に沢山落ちてる。
 長い時間ここにいたんだろうな、って。
 どうしたんだろう、
 待ち合わせの相手が来なかったのかな、
 いつまで待ったのかな、
 暑かっただろうな、
 でもその場を離れなかったんだな、とか」

うふふ、とママは笑っている。


よくまぁ、ゴミから物語を考えるよ。

でもタバコが落ちてるって事は
憩いの場になってるってことだ。

もうちょっとだね、ママ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. その頑固は、損だと思うよ

  2. 寝言から察するに

  3. 追いマタタビ

  4. 温かい物には巻かれろ

  5. 戌から亥へ

  6. 多少は怒っていた

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)