ぐいぐいくる

ジャックが最近、ぐいぐい来ている。
ぼくの家の周りを動かない。
決して愛想が良いわけではないんだけど
常に見かける。

「まいったね。
 白黒はなかなか喧嘩っ早いから
 ミミちゃんもシタちゃんも近づけなくなるぞ。
 かといって、ジャックも生きてるし
 どこかでご飯を食べないと死んじゃうし。
 もう少し友好的なら良いんだけどな」

と、ママはやや降参気味に階段の窓のほうへ
誘導する。

ジャックー、と呼びかけるとひょっこり顔を出した。

おや、ママさん。こちらにも窓があったんですか。
へぇ。
さすがに噂のお宅だ。

ジャックはニヤリとする。

「あんた、ウッドデッキ占領しないでよ。
 ミミちゃんもシタちゃんも来るんだから。
 他の子がいるときはこっちで食べてて」

ママは階段なんだよ、と知らせるために
段の上にお皿を置く。

まぁ、オレだってお腹いっぱいなら
誰が居たって文句は言わないよ。
ママさん、その代わりちゃんと食わせてくれよな。

ジャックはキリっとした顔をママに向けた。

「いやいや、それはパパちんに言ってくれよ」

あんた若いからすごい食べるじゃない、とママは
への字に口を曲げた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 隣の客はよく柿食う客だとて

  2. 人間と暮らすということ

  3. お布団争奪戦

  4. ばぁちゃんの隣に並ぶ

  5. いざ!引っ越し!

  6. ランタンに願いを込めて

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)