くっくくるくる

「おかしいんだよ。
 摩訶不思議。
 オレはそんな風に脱いだ覚えないんだよ」

パパがママにうったえている。

「あたしじゃないわよ。
 だいたい自分の脱いだ靴、ちゃんと見てないじゃない」

ママは、知らん知らんと首を振っている。

取っ散らかってるのはいつもの事じゃない、
洋服だって靴下だって
とママは別の文句を言いだした。

「それはそれ。これはこれ。
 靴はそんなに散らかして脱がないもん」

パパも負けない。

実はぼくなんだよね。

パパが帰ってきたばかりの靴は
ホカホカしていて
ついつい、ちょいちょいしたくなる。

ぼくはいそいそと玄関に出かけ
パパの靴をクルクル回す。

「朝、仕事に行くときに
 右と左があっちこっちに行ってるんだよ。
 ママちゃんのはちゃんと揃えて置かれてるのに」

「あたしはそういう風に脱いでますから」

ごちゃごちゃと言い合いが続いている。

ガラっとリビングの引き戸があいた。

あ、と言うパパと目が合う。

「現行犯!」

「くっくくるくる犯確保!」
と言ってパパは飛び出してきた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 朝日が目にしみる

  2. 酉の市で交通安全母の会

  3. でもそれは好きでやっているんであって

  4. 一応、気を使う

  5. まだ終わらないみたい

  6. 生きるって

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)