がんばれ、トラさん

ぼくは今日ちょっと早起きをした。
そうしないと、トラさんにもジャックにも会えないから。
彼らは涼しい内に行動していて
暑くなったら日陰でひっそりしているみたい。
そして階段を降りるとママが窓辺にしゃがんで
トラさんに話しかけていた。

頑張って、食べろ、とかなんとか。

ぼくが降りてきたことに気が付くと
振り向いて脇に少しどいた。

トラさん。

トラさんはぼくに気づかず、一心不乱にご飯を食べている。
耳は、血だらけだった。

その血をめがけて、蚊が寄ってきている。

「これじゃ、ムヒを塗るわけにもいかないし
 いい蚊の餌食だよ」

ママは眉間に皺を寄せ、うなだれる。

食欲があるうちは、いいと思うけど
食べられなくなったら、アウトだ

ママとぼくは顔を見合わせる。
トラさんは黙々とご飯を食べていた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. カーテンの影ならばれるまい

  2. わたぼこりの子

  3. だれ? その7

  4. 柔軟に

  5. 青の世界

  6. 名づけ親がママだと

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)