お返事がくる2

「もうさ、すごいよ。感動の嵐だね」

ちょっとちょっと、とママはぼくを突っつく。

もう。
いいから早く話しなよ。

うふふ、とママは写真をぼくに見せた。

「郵便でお手紙が届いてるの。
 すごくない?
 猫グッズ入れてくれたり。
 なんか、泣ける~」

「京都からメロンも来た」

えー!!
それって、エビで鯛を釣る、ってやつじゃないの??

「そんなつもりじゃなかったんだけど
 あの冊子を読んで、何か響いてくれたんだと思う。
 みんなが今、これからどうしよう、って思ってる時なんだよ。
 整体院なのにオンラインなんて考えてるなんて、
 そうか、なんでもやってみるか、
 よし、自分も頑張ろう、って思ってくれた人が
 沢山いた。
 なんかさ、やって良かったな」

えへへ、と笑いながらちょっと涙を拭いたママをぼくは見た。

まったく無謀なことしてるな、って思ってたんだけど
そうじゃなかったみたい。
ママが頑張っているのを見て、
自分も頑張ろうって思った人がいて
それで返事が来て
ママが喜んで。

何かがグルグルと回っている。

「それをエネルギーって言うのかもしれない」

うん、とママは頷いた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 助けた人はもっと多い

  2. 耳は向いている

  3. 冬の中にいる

  4. 行き倒れ

  5. 睡眠は削らない

  6. 工事、始まり始まり

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)