お正月が見え始めた

さて、次の準備だ
とママはクリスマスの片づけを始める。

「知ってても知らなくても
 移り変わって行くから
 わざわざイベントにしてお知らせしてくれてる気がする。
 ぼやっと終わってもいいけど
 確認して終わった方がその時を生きてた感じがあるもんね」

なんて言ってたけど、クリスマスリースを片付けると同時に
注連縄を飾るって、どうかと思うよ。

「まぁね。
 去年の注連縄がどんなだったかも忘れちゃうんじゃ
 ただやってるだけだもんね。
 もうちょっと意味を込めて動きたいけど
 なかなかそこまで行けないなぁ。
 でもね、年末年始用のチラシも書けたんだ。
 4件分の。テイク2よ」
おほほほほほ、とママは高笑いしている。

そっちの準備の方が楽しそうだね。

やっぱり自分で作ると違うのかな。
リースや注連縄も自分で作ると、気持ちが違うのかもね。
チラシを書く時間はあっても、注連縄を作る時間はない。
優先順位の問題で、興味の問題。
ママはやっぱり仲間内で何かやってるのが好きみたいだ。

「好きな人が作った奴をずっと追いかける、でも良いと思って。
 ちなみに干支の乗った鏡餅を追いかけ続けて4回目なんだよ。
 12年やりたいなぁ。ずっと作ってくれるかなぁ」

相手が終わりますって言ったら終わっちゃうからね、とママは肩をすくめている。

自分でやらないと終わっちゃうかもしれない。
でも好きなことじゃないと、やれない。

ここが難しいところだね、なんて
ぼくは相打ちを打つ。

見えた始めたお正月はもう来週に迫っていた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママも好きだねぇ

  2. でもやっぱり、寂しかったし

  3. 格闘

  4. ママの顔を踏んずけて、怒られる

  5. 世間話

  6. 十八番を取られた

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)