お布団争奪戦

「ずるいわよね、ほんと」

ママは頬をぷーっと膨らます。

ぼくは知らん顔をする。

「一緒に入ればいいじゃないのよ。
 なんで独占したいのよ」

ママの文句は続いている。

それはぼくに言っているからだった。

だって、本能だよ。

「それにしてもやり方が汚い。
 そんな子に育てた覚えはありませんよ!」

ママは腰に手を当てる。

ママが何に文句を言っているかと言うと、
朝のお布団についてだった。
ぼくはママが早く布団から出るように
何回も起こす。
時にはタンスにおしっこをかけたり。

だって、ママが出た後が一番温かいんだもん。

「だったら一緒に入ればいいでしょ」

ママは譲らない。
1人で寝たいんだよ、なんて口が裂けても言えない。

でも今は二人でリビングにいる。
朝も早いのに。

ママはニヤリと笑う。

「お部屋を温かくすれば
 なーちゃんは出てくる」

そうなんだけど。
ちぇっ。
お布団好きなのに。
部屋が温かければぼくだって布団からでる。
寒い中で温まったお布団に入るのがいいのにさー。

じゃ、一緒に寝てね、と指切りさせられた。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. メリークリスマス

  2. 茶黒シタちゃん

  3. ついに今週末か

  4. 応援の仕方がわからない

  5. トラさんの援護

  6. 作戦成功 その2

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)