おちおち寝てられない

パパの足音がして
ウトウトしていたぼくは
ハッと目が覚めた。

やばい。
移動しなくちゃ。

初動が遅れた、とは思った。
ぼくとしたことが。
間に合わないかもしれない。

「なーちゃん!」

じゃじゃんとそびえ立つパパ。

うぅ。間に合わなかった。


「オレのベッドにいたの?
 良い子良い子」

パパは上機嫌でぼくの頭を撫でた。

それが、強すぎる。

グイグイ頭を押されるの、嫌いなんだよ。
もう止めて!

ギュウギュウ
ぐぇぇ

そして格闘になった。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. ママも好きだねぇ

  2. なかなか好評なんだって

  3. だれ? その7

  4. 特等席だもの

  5. シタちゃんのお散歩

  6. 結局は県へ

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)