いつかまた、どこかで

ばぁちゃんの息が止まった後、
ママは往診で来てくれてたお医者さんに電話して
そのお医者さんは休診日なのに直ぐにやってきて
すこし遅れて看護師さんもやってきて
「お疲れ様!
 よくやった!
 お母さんも!」
ってママはハグされた。

ママも泣きながら笑って
「いやー、すごかった。
 ばぁちゃん、よくやったよ。
 あたしもマネできるかな~」
って天井を仰いだ。

そしてちょっとお祭り騒ぎになった。

息をしていないばぁちゃんと
記念撮影になって、
すごいきれい
おなかに水も溜まってないし
注射の痕も
点滴の痕も
輸血の痕もない
よくがんばった
と、みんなでばぁちゃんを褒め称えた。
拍手喝采、ってこういう時にするんだね。

ばぁちゃんは少し得意げな顔に見える。

みんなで、
畳の上で、布団に横たわったままのばぁちゃんの
髪を洗い、ドライヤーでブロウして
体を拭き、下着を代えて、
爪を切って、鼻くそを取り、
着替えをして、お化粧もして。

ばぁちゃんはとても小ざっぱりしていた。

「きっと今頃、そこらへんに浮いてて
 はー、やっと脱出できた
 あんたたちも、お疲れ様、とか言ってるよ」

って部屋の上のほうを指さしながら
ママはぼくに教えてくれた。

知ってる。
だってそうだもん。

ばぁちゃんは、
ありがとう、楽しかった。
いつかまた、どこかで。
ってほほ笑みながら、消えていったよ。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. もう出てた

  2. 夏が来たと思ったら、ばぁちゃんが来た

  3. ぼくは、ひっそり日向ぼっこ

  4. ほら、テルマエロマエの

  5. 俺さまの場所だから

  6. ひとりの時間を満喫する

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)