あんこぽっと

「いやぁすごい。後光が射して見える」

ママが目をパチパチさせて箱を見入っている。

なんだろう。小さな段ボール。


あんこぽっと?

ママのお店の1階は昔、大家さんが和菓子屋さんをしていた。
毎朝小豆の炊ける匂いを楽しみに出勤していたらしい。

でも大家さんも高齢になり、お店を閉めた。
それも10年近い前になる。
たしかばぁちゃんが亡くなって1年くらい後。

だからかママは小豆の匂いを嗅ぐと
異常に懐かしがる、ことをぼくは知っている。


こたつから小豆の匂いがしなくて残念だね。

ママはおもむろに箱を開けた。


あー!
かわいい!

「あんこ好き~、なんて話をしてたら
 差し入れてくれたんだ。
 相手が喜ぶものを渡せる人って凄い。
 神々しいくらいだ。
 有り難くて夢に見そうだ」
手を合わせて拝んでいるママは
食べたいけど恐れ多くて食べられない、とも言った。

食べなよ、食べて欲しくてくれたんだから。

でもしばらくはきっと
ばぁちゃんの写真の前に置かれるね。

その後、おさがりでやっと食べる。
一緒に食べれたころを思い出しながら。


猫との暮らしランキング

関連記事

  1. 春爛漫

  2. ミミ姉さん

  3. リトライ

  4. ぼくが猫かウサギかなんて、ママにはどうでもいいみたい

  5. エアコンは快適だけれど

  6. 止まない雨も終わらない冬もなかった

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)