ありがとう

ママが大きな箱を持って帰ってきた。
それはケーキの箱で、いつも見かけるのは
その1/4くらいのサイズの箱だった。

「ホールケーキだと思う」

ママはキャッキャしながら夕飯の後にみんなで頂こう、と言っている。
ぼくは食べれないんだけどね。
それでもホールケーキとやらは見てみたい。
見た事ないし。

いや、以前見た気もする。
パパが職場の福利厚生で誕生日に貰って来ててママが3/4食べてた。
まぁその時もぼくは食べなかったんだけど。

食事の片づけを終えて冷蔵庫から箱を出し
引っ張り出した時に
パパとママは目を丸くした。

「なんと言う事だ。なんという不意打ち。
 なんというサプライズ」
ママは、くぅぅ、と上を向いた。
パパは、すごいねー、名前が入ってる、と驚いている。
「これは、来がけにお店に寄ってお土産を買ってきました、じゃなくて
 注文して作ってもらってわざわざ用意したものだね。
 ママちゃん、すごいじゃん」って呟く。

なんだろう、すごい特別感。
ただの「ありがとう」ではなくて
「いつもありがとう」って。
ぼくは丸いケーキに驚いて、プレートが載っている事にも驚く。

ママはいつも職場で何をしてるんだろう。

「ありがとう、って有難い、って書くのよね。
 そう有るごとが難しいっていう意味で。
 そんなこと有り難し、なのよ。
 今、それを実感したわ。
 有り得ないことが起きた。
 こんな形の感謝の気持ちを貰えるなんて
 有り得ないくらい凄い事だよ」

ママは鼻を啜り、こちらこそありがとうだ、と呟いた。


猫との暮らしランキング




院長について料金・営業日時お店の場所時間外ご予約メールご予約電話(スマホ用)

横浜元町 てあて屋みわ整体トップへ移動

関連記事

  1. 送り出すために

  2. 楽園ベイベー

  3. ぼくが拾われたときの話をしよう

  4. そしてぼくはママを見上げた

  5. 上出来

  6. 眩しいと目を背ける

最近の投稿

アーカイブ

LINEスタンプ販売中!


LINEスタンプ(リンク)


LINEスタンプ(リンク)